カテゴリー別アーカイブ: Perfume

12/24 Perfume東京ドーム公演に行って来た


カテゴリー: Perfume, 写真日記 | 投稿日: | 投稿者:

Perfumeの東京ドーム公演2daysの1日目、2013年12月24の公演に行って来た。
ファンクラブに入っているので真っ先に予約して、アリーナ席をいただいた。

Perfume 4th Dome tourチケット

Perfume 4th Dome tourチケット

実は私、東京ドームって初めてなんです。
野球場そのものは、高校生の頃応援委員会に入っていたので、ちょっと何回行ったか分からないくらい行ってるんですけど、千葉県立の高校生が東京ドームで試合をするはずもなく、かといってコンサートにもPerfumeのファンクラブに入るまではほとんど行かない人だったので、とにかく、初めてなんです。

東京ドーム

東京ドーム

で、東京ドームに行く前にヤフーオークション見たら、何だかチケットが1000円とかで激安で売られているんです。そのこと自体にどうこういうつもりはないんですけど、ただ、これじゃ空席祭りなのかなあと、ちょっと心配した次第です。

ところが、ですね、行って見ると凄いんですよ、空席、なぜか私の斜め前に2つあったけど、それ以外では、私の矯正視力の届く範囲では、全然ないんです。本当に空席あるのか?というくらい。私の前の2つの席も、1つは、仕事が延びてやっと駆けつけた感じのサラリーマン(30代くらい)がやってきて埋まりまして、もう1つの席は、売れなかったんじゃなくて、本当は来たかったけれど急な用事でこれなかった人なんじゃないかなという気がしました。

Enter the Sphereでライブが始まったのは、まあ、予想通りというか、あの曲自体、ライブの始まり以外に考えられないでしょうみたいな曲だったし、今回のアルバムタイトルとライブのタイトルが同じな訳ですし。それから、最新アルバムLEVEL3を中心に色々踊ってくれた訳ですけれど、プロジェクションマッピングを動く人に投影するっていうの、あれ、東京ドーム公演とかではちょっとどうなんだろうかと。だって本物の生Pefumeは、人形みたいに小さくしか見えない訳ですよ、そこに投影してもらっても、アリーナの横の方の席とか、ほとんど見えないんです。もっとも、その様子をカメラで写してリアルタイムで背後の大型スクリーンにも表示しているので、見えると言えば見える。確かにこれもライブといえばライブなんだけど、でもそれって「生Pefume」じゃなくて「映像」な訳で、極論すれば、テレビとかで見るのと変わんないじゃん、とか、ちょっと意地悪なことを考えてしまったりしました。まあ細かい話なんで、あまり気にしてないですけど。いや、それは却って失礼だろうか?エンジニアに対して。すみません。

あと、この3人は、本当にファンを大切にしてくれるなあと思いました。
それは、客席に向かって、本当に、本当に、笑顔を振りまきながら手を振ってくれるんですよ、かしゆかが手を振ってくれた時、かしゆかに私なんぞが見えているとは到底思えないのだけれど、それでも、精一杯手を振り返しました、それで、ほんの一瞬だけ、心の糸がぴーんと1本、張れたような気がするんです。かしゆかがこの話聞いたら呆れるかもしれないけれど、本当に嬉しかったんです。あの笑顔。あの手振り。かしゆかがたまたま近くに来てくれたからそれが印象に残っているけれど、3人ともそういうライブをやっているという気がするのです。

ファンを大切にしてくれていると思ったもう1つの理由が、「ジェニーはご機嫌ななめ」をいまだにやってくれてるということで、だってもう充分メジャーになって、ドーム公演4日間とかやっちゃうようになって、なのに、ファンが盛り上がるのを知っているから何だと思うけれど、ずっと昔からやってるカバーを、未だにやってくれるんです。
ポリリズムも歌ってくれた。チョコレイトディスコとか、ワンルームディスコとか、もう盛り上がる盛り上がる。
あと、ちょっと驚いたのはコンピューターシティーを歌ってくれたこと。その歌についての思い入れについて語ってくれたこと。私はポリリズム以降のファンなので、Perfumeの苦労時代のことってほとんどというより全然知らないんです。そんな時もあったのか、と。

結局、6時開演の予定が6時15分くらいに始まったけれど、9時過ぎくらいまでライブやってた。3時間立ち詰めで、しかも一緒に手を振ったり踊ったりして、もう、東海道新幹線のぞみ東京新大阪間立ち詰めより体力的にきついかもしれないというか、マジ腰が痛いんですけど、それでももう、無茶苦茶楽しかったです。

帰りが遅くなって、大船でサンライズ出雲&サンライズ瀬戸に追い抜かれたりして、日付が変わるくらいになって、ようやく帰ってきました。

サンライズ出雲&サンライズ瀬戸の追い抜き(通過)

サンライズ出雲&サンライズ瀬戸の追い抜き(通過)

Perfumeが落ち目になったら、かながわ県民ホールとかにも来てくれると行くのに便利だし、客席とステージ近いんだけどな、とか思っていたけど、なんか、そういうのは少なくとも当分は無理っぽいです。Perfume凄いです。
せめて横浜アリーナに来てくれないかなあ、そうしたら新幹線で小田原から一駅なんですけど。

今日からPerfumeのPVがYoutubeで見放題になる件


カテゴリー: Perfume, YouTube | 投稿日: | 投稿者:

実際には昨日6月18日にはUpしていたみたいだけれど、公式的に今日6月19日から、PerfumeのPVがYoutubeで見放題になる。リニアモーターガール以降のシングルは、全部公開。
じゃあYoutubeで見られるからCD買うのよそうか、という話にはならない訳です、アルバムとか絶対買う。

歴代の曲で、やっぱり名作だなと(個人的に)思うのは、やっぱりLove the worldだ。あのPVは衝撃的だったし、曲は東海道線のグリーン車に乗って聴くと本当に楽しい。

ライブでも盛り上がるワンルームディスコ。これ聴くと、元住吉のワンルームマンションで一人暮らしを始めた1995年頃を思い出すという個人的感傷がある。

5/22に出たばかりのMagic of Loveもフルで見られる。

意外にいいなと思ったのが、未来のミュージアム。PVも面白いけれど、曲もいい。

しかしですね、私、これだけの「素材」をネタにブログ書いている訳ですけれど、これ、公式で埋め込みコードも公開されているので、別に違法でも何でも無いんですね。
ありがたや。

5月8日に武道館へ行ってきた


カテゴリー: Perfume, テキスト日記 | 投稿日: | 投稿者:

実は、2012年5月8日火曜日、武道館に行ってきた。
Perfume 3rd Tourの追加公演、武道館4Daysの初日。
実は今、仕事が凄く忙しくて、5月10日には横浜まで出張があったりして、後からご依頼をいただいた仕事をお断りしたりしているのです。仕事を断って武道館かよ、と呆れられるかもしれませんが、チケットを予約した2月には、今年はメチャクチャ暇で、売り上げなんか前年比マイナス40%を見込んでいたのです。売り上げ額は、まあ、その通りになりそうなんですけど、4月にゆたぽんファイブのクリアファイルを作ったあたりから急に忙しくなって、本当に首が回らなくなってしまって、でも、一度はどうしてもライブで見たかったんです、Perfume。やっぱり「本人」を見たいじゃないですか。例え点のように小さくても。
で、今年はPerfumeのファンクラブに入って、ファンクラブを通じて予約を取ったのだが、そうしたら席の番号は「アリーナA1-13、14」だった。
それってどのくらい凄い席なのか、ライブってあまり行ったことないし、そもそもアリーナ席なんて初めてだったので、よくわからなかったのですが、行ってみたら、左端に近い場所ながら前から2列目。左端であったことが逆に幸いして、ステージ中央に来た3人が、誰にも遮られずに(人の間から)見えたんです。もちろん、ステージの左端に来てくれた時なんか、表情がわかるくらいはっきりと見えました。あと、最初の方でのっちのMCの間に、かしゆかがステージの端で髪の手入れをしていたのが見えました。かしゆかの「趣味・髪の手入れ」って本当みたい。
ありがとうPerfume。こういう席は芸能関係者でもないと取れないものとばかり思っていました。ちゃんとファンクラブの人に売ってくれるんですね。初めて知りました。お礼に、アンケート用紙と一緒に飯島意匠オリジナルTシャツ「ニャンルームディスコ」の緑色バージョンを3着同封しました。かえってご迷惑かもしれませんが。

Perfumeはもう人気もピークアウトとか、色々言われているけれど、武道館は満席でした。本当に空席がなかった。
あと、暑かった。気分の問題でなく、本当に身体的に暑かった。
Tシャツ1枚でも汗が流れるほど。
これからPerfumeのライブに行く人は、汗を拭くタオルを持って行った方がいいです。ファンクラブ限定のタオルでなくてもいいので。

また行きたいなあ、Perfumeのライブ。横浜アリーナとかやってくれないかなあ・・・

Perfumeのファンクラブに入った


カテゴリー: Perfume, テキスト日記 | 投稿日: | 投稿者:

私には、1980年代において「3つの後悔」がある。

1つは、別府鉄道に乗らなかったこと。当時、鉄道旅行といえば「国鉄」ばかりに注目していて、味わいのある私鉄をみすみす見逃していた。動いているキハ04に乗ってみたかった。オープンデッキの小型客車に乗ってみたかった。野上鉄道しかり。有田鉄道しかり。どうして乗っておかなかったのかと、悔しい思いがする。いや、どうしても我慢出来ないほど悔しいかと問われると、いや、そこまでは、とも思うのだけれど、そういう私の中途半端な性格が、30年後に後悔の原因となった例であるような気もする。

もう1つは、YMOのライブに行かなかったこと。リアルタイムだったのに。もうあんな大きなうねりは、地球上のどこにも生まれないんじゃないだろうか?と言うと大袈裟過ぎる気もするけれど、あの時、あれが30年後になって、アルバムを聞き返しても「古びない」ものであったとは思わなかった。

もう1つは、好きな女の子に告白しなかったこと。これを正確にカウントすると3つの後悔が7つの後悔になってしまうのだけれど、中学生の頃、高校生の頃、好きになった子が居ても、私は決して告白することをしなかった。出来なかった。勇気がなかった。意気地がなかった。軟弱だった。気弱だった。情けない男の子だった。しかし、この後悔だけは他の2つとはちょっと異なる要素を含む。もし告白したうちの誰かと、その後交際が続いてしまったとすると(いや別れる可能性の方が、普通に考えて、大いに有り得る訳ですけれど)、今の奥さん、ひなさんに出会うという個人史が巡ってこないことになる。それは困る。そして、この後悔があったゆえに、「同じ轍は踏まない」と覚悟して、ひなさんと付き合うようになったというフィードバックもある。だから、この後悔は、後悔しつつ、結果的にこれで良かった、これ以外の道もちょっと困るという、ちょっと複雑な思いもある。けれど、今、中学生とか高校生とかに(説教など垂れる立場ではないことは充分承知いたしてはおりますが)、好きな人が出来たら、とにかく告白しなさいと言いたい。もちろん振られる確率も相当高いだろう。普通はそんなものだ。でも、「あの時告白しておくべきだった」という後悔は、決して後味の良いものではない。

1つ目の後悔である「別府鉄道」は、小型客車はどうしようもないけれど、辛うじて最近、キハ04の実物に触れた。大宮の鉄道博物館で美しく保存されている車両の車内に入って、座席の小ささや壁の木目に感動したりした。

3つ目の後悔である「告白」は、今、ひなさんと暮らしているからOK。

で、残った1つの後悔。YMOのライブに行かなかったこと。
こればかりはどうしようもない。
しかし、ここで私は再び「同じ轍を踏んではならない」と考えた。今こそフィードバック。で、今、「リアルタイムで観ておきたい」と思ったのが、Perfume。

それで、今日、Perfumeのファンクラブに入った。入会金1000円+年会費4000円。ネットで手続き完了。便利過ぎる世の中は、後悔の敷居を少し下げてくれたかもしれない。いや、まだチケットの抽選を当てないといけないという難関はあるんですけれどね。
http://www.perfume-web.jp/

Perfumeの「スパイス」PV、YouTubeでフルコーラス公開


カテゴリー: Perfume, YouTube | 投稿日: | 投稿者:

ひなが気づいたのだけれど、11/2発売のPerfumeの新曲「スパイス」がYouTubeで、フルコーラスで公開されている。それが、違法アップロードではなく、徳間ジャパンの公式チャンネルである。
相変わらず、撮影前から撮影後の後処理まで、凝っている。

で、思った。
これ、どういうビジネス?

既に初回限定版のシングルはAmazonでは売り切れている。
シングル1枚1300円として、単純に計算すると、1万枚売れれば1300万円の売り上げ、しかしPerfumeが1万枚ということはなかろう、なら5万枚で6500万円。ざっと7割が諸経費にかかるとしても、1950万円の利益が産まれる、というか、既にもう確定しているのかもしれない。10万枚売れれば3900万円。

そういう私も既にAmazonで初回限定版を予約済み、代金も支払済だ。

「だからいい、という意味ではない」と思う。

徳間ジャパンという、決して小さいとは言えない会社を維持するには、4000万円弱の利幅で満足いく訳もなかろう。
では「その先に行く」にはどうすればよいのか?

その答えが、YouTubeなのではないか。

つまりこれは、国内10万枚ごときの売り上げのために公開しているのではなく、全世界の「Japan fan」に向けて、Perfumeの存在を知らしめ、より大きなビジネスに繋げたいということではないかと思う。

実際、数年前にこんな話があったという。
ある日突然、角川出版に、ドバイの出版社から問い合わせが入った。
曰く「御社のアニメーション某の、当国内での版権を購入したい」。
その出版社は、某の内容を全て理解した上で「当国内にもファンが居るので販売したい」と。
角川側の担当者が驚いて、輸出どころか販路開拓さえ行っていないドバイという国で、いったいどうやって日本のアニメを知ったのかと訊ねると「YouTubeの違法アップロード動画で知った、だが当地のファンは画質の良い本物のコンテンツを欲しがっている」と、彼の地の出版社は答えたという。
それは後に、角川がアニメのMadを認めるようになった理由の一つにもなったという・・・

徳間ジャパンの狙いも、おそらくこれに近いところにあるのではないかと思う。

実際、ファンというのは、YouTubeの違法動画がタダで見られると知っていても、DVDやCDを、買い集めるものである。
欲しいものにはお金を払う。
モノにはモノとしての存在感があるのかもしれないし、金銭的にターゲットを支持したいという気持ちも働くかもしれない。
いちいちPCを起動してYouTubeに接続するのが面倒くさい、という人もいるだろう。
第一、積極的に消費という行動を起こすだけの「お金のある人」にとっては、CDの1枚ごとき、あるいは音楽配信の有料ダウンロード1曲ごときのわずかな金銭を節約するために、法を犯したり手間をかけたり、あるいはいちいち「やり方を調べる」などするより、商品として販売されているディスクやデータを購入する方が、手っ取り早くて楽で、その人にとっての「時間」を「金銭」に換算すれば、安いということになる。

早い話、Perfumeのターゲットは、もはや、日本の(あまりお金を持っていない)若い人たちではなく、全世界の、お金の使い道に困りながら人生に飽き飽きしている人たちなんじゃないかと思う。

それはいい戦略だ。全然いい戦略だ。