月別アーカイブ: 2007年11月

ライム、レモン、かぼす、すだち


カテゴリー: 写真日記, | 投稿日: | 投稿者:

御獄さんの無人販売所は、冬になって、ますます柑橘類が充実してきた。
早生ミカンだけでなく、ライム、レモン、かぼす、スダチが並んでいる。
さらに、キーウィフルーツまで登場している。
運がいいと、小松菜や水菜も並んでいることがある。
御獄さんの無人販売所、ライム他

香りゆずきのこそば


カテゴリー: 写真日記, | 投稿日: | 投稿者:

ひながドラッグストアで、またコアなカップ麺を買ってきてくれた。
「香りゆずきのこそば」。「冬限定」だそうだ。
ブランドは、意外にも「サッポロ一番」。
お湯を注ぐと確かに柚子の香りがした。
美味い。
香りゆずきのこそば

13歳のオシ16


カテゴリー: 写真日記 | 投稿日: | 投稿者:

東海道線に、急行「銀河」という列車がある。
夜行。東京-大阪間。全車寝台車。
http://allabout.co.jp/travel/railtravel/closeup/CU20050730A/index.htm

私は1983年に乗ったことがある。まだ20系という車輌を使っていた。
上記URLに出ているものは比較的近年の資料で、20系はそれより古い。

さて、その急行「銀河」が、近いうちに廃止されるという。
今となっては特に利用する予定もないので、個人的には困らない。
夜行バスに押されながら、よく残っていたなあとは思う。

ところで、その急行「銀河」に、昭和30年代の一時期、「ビュッフェ」が連結されていたことを御存知だろうか?
私も実物を見たわけではなく、資料で知るのみだが(というかまだ生まれていない)、私は13歳の時、その「ビュッフェ」に使われていた「オシ16」という車輌を、1/150スケールで作っていた。
材料は、屋根は朴板(木)から削りだし、床はプラスティックの板、台車や床下の装置は既製品を利用し、車体は、たまたま家にあったボール紙。
図面は、当時発売されていた鉄道雑誌に載っていたものを参考にした。
その時私は、オシ16がどんな列車に連結されていたのかも、よく知らなかった。
ただ、ビュッフェという一風変わった食堂車ということと、高さの異なる窓の並ぶ外観に魅力を感じて、これを作った。
毎日少しずつ作って、完成までに半年くらいかかったかと思う。

昭和30年代の急行「銀河」にオシ16が連結されていたと知ったのは、つい最近のことだ。

銀河廃止のニュースで、このオシ16を思い出したので、掲載することにする。
オシ16(1/150)

かみむら製菓の自家用きび餅


カテゴリー: 写真日記, | 投稿日: | 投稿者:

湯河原に「きび餅」というお菓子がある。
製造元は複数あって、どこが始めたのか、どれが元祖でどれが本家なのか、私にはよく分からない。
その中に1つ、「かみむら製菓」という会社がある。名の通り、主にお土産用のお菓子を作っている。
その本社(?)に店舗はなく、ちょっとした工場と事務所と車庫があるだけなのだが、工場直売というか、その場でパッケージを簡易包装にした「きび餅」が買える。90gあたり105円という「量り売り」である。これはお土産物屋さんには置いていない。湯河原町民のための湯河原家庭内消費用「きび餅」なのだ。
きび餅(外装)

中はこんな感じである。甘みは控えめ、きな粉味である。
きび餅(中身)

小田原へ行った


カテゴリー: 写真日記 | 投稿日: | 投稿者:

所用で小田原に行った。
魚屋の店頭には、活平目のアラがあった。
アラといっても大きく、2500円。
魚の好きな人にとっては、たまらない逸品なのだろう。
小田原・魚屋・ヒラメのアラ

角田ガクブチ店に行く。デザイン用品を買う。
小田原・角田ガクブチ店

ベローチェに寄る。今日も地球儀は廻っていた。
小田原・ベローチェの地球儀

長門さんに近い存在


カテゴリー: YouTube, 萌え | 投稿日: | 投稿者:

最近、今さらながらハルヒにハマっている。ひなと2人で見ている。
ところで、Googleで「涼宮ハルヒ」を検索すると「2,480,000」の検索結果を「0.24秒」で返答してくれる。
基準のない比較ではあるが、もし「この世でもっとも長門さんに近い存在」を挙げるとしたら、
もしかしたらGoogleではないだろうか?
↓きっと誰かがやってくれると期待していた。初音ミク版。