月別アーカイブ: 2008年11月

クオーターパウンダー


カテゴリー: 写真日記, | 投稿日: | 投稿者:

マクドナルドのクオーターパウンダーが凄いというので、買ってみた。
その前に、マクドナルドはてんやわんやだった。日曜日の昼。

混雑するマクドナルド

混雑するマクドナルド


買ってみた。
クォーターパウンダー・チーズの箱

クォーターパウンダー・チーズの箱


とりあえず美味しそうだ。
クォーターパウンダー

クォーターパウンダー


普段肉をあまり食べない私には、少し重い感じがしたけれど、満足した。でもセットで680円はちょっと高いかも。道路を挟んだ向かいの「すき家」で、牛丼299円セールをやっている湯河原では。
クォーターパウンダー、アップの写真

クォーターパウンダー、アップの写真


http://www.mcdonalds.co.jp/quality/basic_information/menu_info.php?mid=1700

これはアリだ「萌え茶」


カテゴリー: テキスト日記, 萌え, | 投稿日: | 投稿者:

「あきたこまち」以来個人的に注目しているイラストレーター西又葵さん。
今度は、東京ビッグサイト土産のお茶「Comic Green Tea」のイラストを描いたそうだ。
http://aoinishimata.jugem.jp/?eid=690

東京ビッグサイト土産とのことで、期間限定とかではないという。
緑茶にまで「萌え」。これ、絶対アリ。21世紀初頭の日本になくてはならないアイテム。
この人、ブログもまめに書いていて面白い。
しばらく(ブログを)ウォッチングしようと思っている。
あと、この人はプロとしては珍しく、CCライセンスでブログを公開している。
ということは、引用しても問題ないはず。これも凄いこと。
Comic Green Teaのイラストを転載させていただきます。

Comic Green Tea

Comic Green Tea


(C)西又葵

89円のパリッテ


カテゴリー: 写真日記 | 投稿日: | 投稿者:

ドラッグストアのクリエイトで大変なことを発見してしまう。
コンビニで158円で売っているアイスの「パリッテ」を89円で売っている。43.6%割引、半額近いではないか!
早速買ってしまう。
美味しいわ。

パリッテ

パリッテ

フットマッサージャーの売却


カテゴリー: テキスト日記 | 投稿日: | 投稿者:

今年は色々なものを買った。
訳あって今年買った、必然的な出費が重なった。辛かった。
例えばデジタル一眼レフは、長らくの間、愛用のオリンパスが「プロ機」を出してくれなかったのだけれど、それが昨年秋に出たので、しばらく様子を見ていたら今年になった。従来使っていたカメラは色々な意味で限界を迎えていた。やむを得なかった。
メインで使っているPCも買い替えたが、これも「そろそろ換え時」という印象を持っていた。決定的だったのが、IllustratorCS3が「重い」。色々なソフトの中で、Dream weaver 、PhotoShop、Illustratorは使用頻度が高く、その動作の具合は仕事の能率に決定的な影響を及ぼす。取引先の事情もあって今さらながらCS3にバージョンアップしたところ、Illustratorが重い。しかも、今まで愛用していたIllustrator CSと共存が出来なかった。これは、マイルドな死活問題だと思った。
以上は、必要があって買ったし、実際、導入の効果を実感すること大だったので、よい買い物だったと思う。

しかし、今年は無駄なものも買った。
例えば、つくばい。6800円だったので衝動買いしてしまったが、置き場に困ったのと、実は中国製だったことが判明して、表面の塗料の安全性・・・いや、人間が水を飲む訳ではないのだが、朔が「つくばい」の水を好んで飲むので・・・が心配になって、今はお蔵入りとなっている。
もっと無駄だったもの。フットマッサージャー。1万2千円。最初は「確かにこれは気持ちいいかも」と思った。いや、その点に関しては最後まで気持ちよかったと記しておこう。フットマッサージャーの名誉のために。だが、これまた家庭に置くには巨大過ぎた。場所を取る。つい、フットマッサージャーの上に洗面器とかDVDプレーヤーとか(←どういう脈絡?だが事実)を置いてしまって、そうすると、それをどけるのがつい億劫になってしまい、フットマッサージャーそのものを使わなくなってしまった。そして気がついた。
「そもそも私は足が疲れていない」。
事務所で座って仕事していることが多い私は、そもそも歩かないので足が疲れない。立ち仕事で足がむくんだりする訳でもない。私はつまるところ「フットマッサージャーを必要としていない人」であった訳だ。
なのに買ってしまった、フットマッサージャー。家電量販店のお試しコーナーなどに置いてあるのを見るたびに「これいいなあ、あったらいいなあ」と思っていたフットマッサージャー。あこがれのフットマッサージャー。しかし私に取っては必要がなかったフットマッサージャー。

今日、フットマッサージャーをリサイクルショップに持って行った。
査定額500円。そもそも健康器具は、リサイクルショップではほとんど値が付かないのだそうだ。
差額の1万1千500円で、デニーズのミニチョコサンデーがいったいいくつ食べられたことであろう。
合掌。

ホタテをいただいた


カテゴリー: 写真日記 | 投稿日: | 投稿者:

青森のお土産に、ホタテをいただいた。
どうしたらよいかわからず戸惑ったが、ネットでレシピを検索して酒蒸しにした。
身が締まっていて美味しかった。

ホタテ

ホタテ

wonderland


カテゴリー: テキスト日記 | 投稿日: | 投稿者:

写真学校に通っていたのは、もう11年も前になる。
その授業の1つに、大西先生の実習があった。
実習の内容は必ずしも大西先生の撮る写真とは同じとは限らない方向性の内容だったが、それは「学校のカリキュラム」だったのだから致し方なかっただろう。
写真学校では色々な授業があって、それぞれ異なる講師との出会いがあったのだけれど、大西先生とだけ、なぜか細々とした交流が続いている。交流というほどのものではない。年賀状をやりとりしたり、写真展のご案内をいただいたり、こちらからも展覧会の案内状を差し上げたり。理由は、本当のところよくわからない。年代も離れているし、先生は下町育ちで私は(一応)アップタウンに近い雰囲気の場所で育っているし、ただ、大西先生の写真は、よいなあと思う。
最近、先生が自費で写真集を出された。書籍コードを取得しているのでAmazonでも予約可能だったのだが、今はAmazonから直接は買えない。プレミアム価格が付いてしまっている。でも、まだ定価で購入する道はある。大西先生のサイトから直接購入を申し込めばよいそうだ。
内容は、モノクロで撮った1990年から2006年の東京(主に東部)の街と人。明らかに平成になってから撮ったのに、じんわりと昭和の香りが漂う。それはどういうことなのか。それは、写真集を見てのお楽しみ。
下町に興味のある人だけでなく、「骨のあるビシッとした写真を味わいたい」人におすすめかもです。
下記HPの「shop」というところをクリックすると、メールで注文出来るようになっている。(大西みつぐ公式サイトWonderland)
http://www8.plala.or.jp/newcoast/

私は、先生と呼んでいた人3人に年賀状を出し続けている。
中学1、2年の時の担任で、もう定年を迎えられた方。兵庫県の人。
高校2年の時の担任だった人。千葉県の人。
そして大西先生。東京。
この3人に共通する何か規則性のようなものがあるのかと考えてみたが、何も思い当たらない。
今、珍しくこの時間に目が覚めてネットを見ている。
猫の朔が布団に入って来た。
明日は冷える。

wonderland1990-2006

wonderland1990-2006

吉浜稲荷神社の縁日2008


カテゴリー: 写真日記, | 投稿日: | 投稿者:

今日は「お稲荷さん」の縁日。夕方、行ってみる。
今年は夜店も少し多いような気がする。人も、去年より多いような。

夜店の道

夜店の道


今年も、名物の「いなり柿」が出ていた。
いなり柿

いなり柿


今年も参道は提灯で彩られていた。
神社への参道

神社への参道


甘酒をいただく。
甘酒をふるまう人

甘酒をふるまう人


帰り道、唐揚げを食べた。おいしかった。
からあげの屋台

からあげの屋台


たこやきを買って帰る。よい縁日だった。
たこやきの屋台

たこやきの屋台

四ツ溝柿


カテゴリー: 写真日記, | 投稿日: | 投稿者:

湯河原に来て、ずっと「どこにでも当り前にあるもの」と思っていたものの1つに、「四ツ溝柿」がある。
この柿は、実は静岡県・神奈川県・山梨県エリアでしか生産されていないようだ。
http://www.yasaiyasai.com/item/124_575.html
渋柿で、お風呂の残り湯に漬けて渋を抜いて食べる。これを「抜き柿」という。湯河原の吉浜稲荷の縁日の名物ともなっている。
近所で、今年も盛大に「四ツ溝柿」が成っている。

四ツ溝柿

四ツ溝柿