月別アーカイブ: 2013年3月

京都でバチが当たる夢


カテゴリー: テキスト日記, | 投稿日: | 投稿者:

夢の中で、そこは京都だった。

京都の込み入った路地を曲がって行くと、裏手からその不動産屋に入った。そこは不動産屋なのだが、和風建築の3階建てで、1階には2つのカフェが入居していた。
不動産屋は「神田」という名前の不動産屋で、その中にカフェがあるなんて「凄いじゃん、神田珈琲園みたいじゃん」と驚いた。
カフェのうち、通りに面した1件はオープンスタイルで、明るい感じだった。
その隣にあるのは、細長いカウンターだけのカフェで、いかにも美味しそうな珈琲を出しそうな雰囲気のある、白熱電球に照らし出されたカフェだった。
(私は時々、「とても美味しい珈琲を出すカフェ」の夢を見る。)

不動産屋には三階があり、そこは何か不思議な宗教施設になっているとのことだった。そこで、一緒にいたひなと、ひなの友人のりえさんが、突然階段を駆け上って3階に向かって行った。私も後を追いかけて行った。
ひなとりえさんは、3階の屋根裏にある太い鴨居からぶら下がっている数本の紐を見つけて、それにぶら下がって、ぶらんぶらんと、ぶらんこのように遊び始めた。すると、バーンという大音響がしてブランコが樽のようなものにぶつかり、3階から樽が落ちて行った。
そうしたら頭つるつるで袈裟を着たお坊さんがやってきて大いに怒っていた。そういうことをすると大変なバチがあたるということだった。
やがて巫女さん(ここはお寺?神社?よくわからない)がやってきて私たちを1階に案内し、すると1階にはいつの間にかおみくじ売り場のようになっていて、おみくじの箱に「七十日間ステーキを食べてはならない」「七十万日間さいころステーキを食べてはならない」「七ヶ月間焼き肉を食べてはならない」と書いてあった。どうやらそれが「バチ」らしかった。
だが、それだけでは済まなくて、その宗教施設が運営している、病気の人を助ける施設のようなところで、ひなとりえさんは働かなくてはならないという。
そんな無茶苦茶な、と、私はひなを助け出そうとするが、人並みがわらわらと涌き出して来て、私は不動産屋(宗教施設?)の外に押し出されてしまう。
するとそこでは京都の祇園祭をやっていて、足の踏み場もないほど通りが混んでいて(そういえば祇園祭の山鉾はなかったが、なぜかそれは祇園祭ということになっていたのだ)、私はその上をクロールで泳ぐように空を飛びながら浮かんでいるのだが、どんどん不動産屋から遠くに押し流されてしまう。
やがて気がつくと私は阪急嵐山駅の近くまで来てしまっていて(そもそも祇園祭は嵐山ではやらない)、そういえば阪急嵐山線には710系が走っているななどと思いながら(今は6300系でしょう!いつの話だ!)、何とかしてひなを助けに戻ろうとするのだが、こんどは人並みに加えて近所の川が氾濫しはじめて、ますます私は押し流されてしまう。私は通りの家々の軒を掴みながら、空中を泳ぎつつ、なんとかして不動産屋を目指そうとする。すると右の横腹に激痛が走り、よく見るとブリキ板をネジ止めした横腹がはがれそうになっていて、これは母屋で飼っている猫の「くま」が悪いことをしているのだと、私は察知する・・・

・・・というところで目が覚めた。
薬を変えたせいか、支離滅裂な夢をみることが多い。

「五條みいみい」から「みいみい北」まで2キロの渋滞


カテゴリー: テキスト日記, | 投稿日: | 投稿者:

最近体調が悪い。
薬を変えたのだが、もしかしたら強すぎるのかもしれない。
変な夢を見る。
金縛りのような、しびれのような夢。
あと、昨日は「ラジオの交通情報の夢」というのを見た。
それによれば、「みいみいインターナショナルリゾート」というところが凄く人気で、

下り線は「五條みいみい」から「みいみい北インター」まで2キロの渋滞
上り線は「みいみい南インター」から「中央みいみい」まで4キロの渋滞

何だ、上下線とも混んでんじゃん、という夢だった。
ラジオの交通情報だから、映像はない。映像のない夢というのがあるのかと問われそうだが、実際、そうだったのだ。

このところ思うことは、もうこの歳になって有名人になってブレイクすることもないだろうし、ただの大金持ちになることもないだろうということだ。
それでもひな朔が居ることで充分幸せに思うし、これでいいのだろう。

最近、体調が悪い。

柿、猫、鳩、桜


カテゴリー: 写真日記, | 投稿日: | 投稿者:

少し暖かくなったので、久しぶりに、朝、散歩に出る。
柿が新芽を出していた。

柿の新芽

柿の新芽

藤も花芽を伸ばし始めていた。

藤の花芽

藤の花芽

君は誰?

猫

やまぶきの一種だろうか?

山吹?

山吹?

久しぶりに海に来る。潮風が香る。

海

10年くらい前は猫がたくさんいたのだが、今は鳩ばかりだ。

鳩

今日は波も静かだ。

海

謎の構造物。

電照看板

電照看板

こういう装置を作ったということらしい。

情報板

情報板

家が増えたような気がする。このあたりでは潮風も強かろうに。

家々

家々

ジョイスクウェアの桜が満開だった。

桜

カップ麺で花見2013


カテゴリー: 写真日記, | 投稿日: | 投稿者:

毎年やっていることだが、今年も近所の公園にカップ麺を持って花見に行く。

カップ麺

カップ麺

家から歩いて1分のところに公園がある。お湯を入れて支度をして、上着を着て猫にいってきますを言って、それから歩くと公園に着く頃にカップ麺が出来上がる。

カップ麺が出来た

カップ麺が出来た

毎年4月に花見に来ていると思うのだが、今年は桜の開花が早い。

桜(ソメイヨシノ)

桜(ソメイヨシノ)

今年は、某文学新人賞はスカすし、私は体調が悪いし、朔は腎臓が弱くなって来ているし、色々憂鬱なことも多いのだけれど、それでも、こうしてひなと一緒に花見に来れることは感謝しなければならないと思う。

ひなと桜

ひなと桜

桜は満開だ。

桜(ソメイヨシノ)

桜(ソメイヨシノ)

お彼岸参り


カテゴリー: 写真日記, , | 投稿日: | 投稿者:

100年前、私の4代前の先祖が東京で商売をしていた関係上、お墓が谷中にある。
お彼岸参りに行く。
日暮里から歩く。
駅前の通りで桜が咲いていた。

桜

生花は地元で買うより日暮里の花屋の方が安くて質がいい。東京だから物価が高いとは限らないのだ。

生花

生花

なぜか麦茶が安い。

麦茶

麦茶

この不思議な家の前で、角を曲がるとお寺はもうすぐ。

不思議な家

不思議な家

お寺に着く。お茶を一服いただく。

お茶

お茶

梻(しきみ)と線香を買う。こういうのは地元で買った方が多少安いのかもしれないが、お寺とのおつきあいのつもりでもある。

花と線香

花と線香

法事にも出ないふざけた四代目ですみません。

お参り

お参り

帰りに神田珈琲園に寄る。どうせそっちが目当てだろう、と、先祖。

神田珈琲園

神田珈琲園

午後、帰宅。留守番をさせられた朔の機嫌が悪い。

朔(猫)

朔(猫)

「分かっているなら早くかつおぶしを出しなさいよ」

朔(猫)

朔(猫)