月別アーカイブ: 2013年10月

四つ溝柿、金木犀、ピラカンサス、白黒猫


カテゴリー: 写真日記, | 投稿日: | 投稿者:

E-M1を持って近所に行く。

EVFは、やっぱり長所と短所がある。室内では気にならないが、今朝みたいな晴天だとダイナミックレンジが足りなくて、見た目の風景とかなり違うものが表示されているように見える。ただ、EVFならではの利便性、露出補正が反映されるとかはあるのであって、だからEVFはダメだとまでは思わない。気分としては、10年前に使っていたFinePix4900ZのEVFを思い出す。

四つ溝柿

四つ溝柿

12-40、寄りには強い。マクロ内蔵だから。

金木犀

金木犀

こういう場面には弱い。35mm換算で80mmまでしかないので。
まあトリミングすりゃいいんですけどね。
あと、普段はほとんど朔しか撮らないので、よしとする。

白黒猫

白黒猫

このあたりの柿はみな渋柿です。渋抜きして食べます。

四つ溝柿

四つ溝柿

冬の間は、鳥たちの食料になる実。

ピラカンサス

ピラカンサス

OM-D E-M1の本気度


カテゴリー: 写真日記 | 投稿日: | 投稿者:

E-5を買い替えた。理由は、たいそうなものではないが、まあそれなりに色々あるけれど省略する。

今日、届いた。
新品のカメラの匂いがした。

小さい。PENより一回り大きいかな、くらいに感じる。
やっぱり金属マウントは安心。モードダイヤルのロックとか、レンズフードのロックとか、「忙しい撮影の時にありがち」なミスを防ぐ工夫にお金を掛けている。こういうところにプロ向けの意気込みを感じたりもする。

カスタマイズ項目盛りだくさん。マニュアルを読みながら、私の癖を1つずつ付けて行くが、新機能もあって、まだ当分使いこなせそうにない。

朔ぴょんを撮ってみた。
感度1600。E-3の1600がざらざらで使い物にならなかったことを思い出すと、随分進歩した。

OM-D E-M1。
E-10ともE-3ともE-5ともPENとも違う。
我が社はこれで行くのだみたいな本気度を感じる。

朔