月別アーカイブ: 2014年6月

東京五輪千円銀貨、PCGSに出してみた


カテゴリー: コイン, 写真日記 | 投稿日: | 投稿者:

東京五輪の千円銀貨を、代行業者さんを通してPCSGに出してみた。
いや、どのくらいのランク付けがされるかなと思って。

東京五輪千円銀貨

東京五輪千円銀貨


まず、一番左。これは一見光沢が強く、一番美しく見える。しかし、これは代行業者さんが気づいてくれて、PCGSに出さなかった。なぜか。明らかに洗浄・研磨がなされているから。専門の方々はとうにご存じのことですが、コインは磨くと、コレクションとしての価値は落ちるのです。
次に、真ん中。これもかなり綺麗に見える。MS65。まあ悪くない評価。未使用級。
しかし、一番評価が高いのが一番右。MS66。未使用級の中でも高い評価。コインの評価に、自然に付いたトーン(さびや着色)は、あまり関係ないんですね。それより、傷の有無や表面の状態、刻印が綺麗に保存されているかといったことの方が重要視されるようです。
素人目には分からないです。勉強になりました。

庄内一分銀はPCGSに出さない方がよさげな件


カテゴリー: コイン, 写真日記 | 投稿日: | 投稿者:

※8/16補足、気が変わりました。今日、ヤフオクに出しました。

今年の2月、手元にあった庄内一分銀2枚を、PCGSに出してみた。
代行業者さん経由で、香港のPCGS。
それが今月半ばに帰ってきたのだけれど、何と、2枚とも「天保一分銀」の「Damage」というランク付け(というかランク外)で帰ってきた。
これはどういうことかというと、390745は天保一分銀全般を指し、そのあとの.98が「ダメージ – 故意の表面ダメージ。例:落書き、しみの除去等」を意味するという。
http://www.pcgsasia.com/standards?l=ja

ダメージと言いながら、両替商の刻印などは一切なく、傷もない。
ではなぜ?ということになるが、これはつまり、PCGSは「庄内一分銀」というジャンルを認識しておらず、「庄」の刻印が「ダメージ」と認識されてしまったということではないかと思う。

Genuie(本物)のお墨付きは得たものの、これでは単なる傷物扱いな訳です。

庄内一分銀、PCGSといったキーワードでGoogleで検索しても、参考になる例は何も出てきません。多分、こういう結果となることを承知の方々は最初からPCGSに出さないのだと思います。私が馬鹿でした。

庄内一分銀をPCGSに出すべきかどうかお考えの方は、こういった事例もあったということで、何かのご参考になれば幸いです。

なお、こういう鑑定結果になったからといって、PCGSを恨むつもりはありませんし、この2枚の庄内一分銀を手放すつもりもありません。

PCGSに出した庄内一分銀2枚

PCGSに出した庄内一分銀2枚

にこりに行って来た


カテゴリー: 写真日記, | 投稿日: | 投稿者:

最近体重が増えてヤヴァいのだが、今夜はどうしてもおなかが空いてしまい、ひなと一緒に「にこり」http://nikori.iidashouten.comに行ってしまう。

夜なので、夜メニューの看板が出ていた。このイラストは、ひなさんが描いた。

にこりの夜の看板

にこりの夜の看板

私は「中華そば」を、ひなさんは「つけそば」を注文した。
にこりはオープンして1年と少しになるが、1年前より確実に美味しくなっていた。
まず第一に、しょっぱくない。もう初期の塩辛いスープではない。地元タクシー業界で「醤油を飲んでいるようなスープ」と酷評されたのは、もう過去の話。今のにこりは、確実に「旨味」が増して、美味しくなっている。
あと、この店の特徴である「手打ち麺」、これは相変わらず美味しい。麺のボリューム感・・・太さとか食感とか・・・も、とても良い。

にこりの中華そば700円

にこりの中華そば700円

たまには外食してみるものだな、と思った。

猫ザル


カテゴリー: 写真日記, | 投稿日: | 投稿者:

数年前に小田原で、ひなが3000円で買って来たザルが、うちにある。このザル、どう考えても3000円以上の手間がかかっていると思うのだけれど、商売としてどうなんでしょうか。

朔(猫)とザル

朔(猫)とザル

紫陽花、柿の実


カテゴリー: 写真日記 | 投稿日: | 投稿者:

毎年見に行く近所の紫陽花を、今日、見に行った。

紫陽花(白)

紫陽花(白)


数年前、ばっさりと伐られてしまってもうこれまでかと思ったのだが、紫陽花の生命力は強く、むくむくと生えてきて、もはや伐られたことなど忘れてしまったかのように咲き誇っている。
紫陽花(薄紫)

紫陽花(薄紫)


色はほとんど白なのだが、年によっては微妙に色味が付くこともある。不思議な紫陽花。
紫陽花(青)

紫陽花(青)


これは、ちょっと離れたところに咲いていた、別の紫陽花。
柿の実

柿の実


柿が実を付けていた。

三嶋大社から「夏越大祓」の案内が来た(2014)、郵便振替になった


カテゴリー: 写真日記 | 投稿日: | 投稿者:

今年も5月の終わりに、三嶋大社から「夏越大祓」の案内状が来た。
今年の案内状は少し変化があった。
それは「現金書留封筒」の同封がなくなり、変わって「郵便振替用紙(手数料加入者負担)と、料金受取人払いの返信用封書が入っていたということだ。

三嶋大社・夏越大祓の案内

三嶋大社・夏越大祓の案内

これまでは初穂料と人形を、現金書留で郵送していた。郵便料金は500円必要だった。
それが無料になったという訳だ。
三嶋大社にとっても、現金を直接扱うと集計とか預け入れとか色々事務が大変なので、口座に直接振り込んでもらう方法に切り替えるメリットは大きいのだろう。

なお、時々「夏越大祓」や「師走大祓」の初穂料にいくら納めるのがよいかという質問を受けるが、私は、無理のない範囲で、その人の「気持ち」でよいと思う。
時給900円の人が1万円払うのは大変だし、年収1億の人が10万くらい包むのは簡単だろう。
うちは、かなり所得の低い世帯だと思うので、1人分1000円、2人暮らしで合計2000円を、毎回包むようにしている。

アジサイ、マンネングサ


カテゴリー: 写真日記 | 投稿日: | 投稿者:

昼休み、毎年大きな花を咲かせるあじさいを見に行った。

むにむに草(マンネングサ)。

マンネングサ

マンネングサ

途中、小さなアジサイも咲いていた。

アジサイ

アジサイ

これが大きなアジサイ。まだ3分咲きという感じだったが、和菓子のような質感がなんともいい。

アジサイ

アジサイ

飯田商店のカップ麺が送料無料に(Amazon)


カテゴリー: テキスト日記, | 投稿日: | 投稿者:

Amazonさん、やってくれます。6/1現在「通常6〜9日で発送」で、1ケース2390円+送料無料。
売り上げは「食品&飲料 > めん類 > ラーメン」部門で「449位」(6/3補足、6/3現在93位)だそうですが、品切れによる頭打ちがあった可能性があり、今後もう少し伸びるかもしれない。このカップ麺、本当に美味しいです。あの飯田商店の匂いを再現しているとは驚いた。

この企画そのものは飯田商店が発案したのではなく、マルちゃんからのオファーだったそうですが、半年くらい前から試作とか写真撮ったりとか、やっぱり商品を大手メーカーで製品化して流通に乗せるのって
大変です。

で、この製品は飯田商店のブランドを使っているのだから、1つでも売れれば、さぞ飯田商店は儲かるのだろうと思われるかもしれませんが、そうではありません。
企業秘密だから明かせませんが、1個売れてx円飯田商店に入る、そのx、限りなく0に近いです。
秘密にする必要あるのかよと笑ってしまうくらい小さいです。

飯田商店は、このカップ麺で一儲けしようと企んでいる訳ではなく、むしろ、遠いところに住んでいたり外出が難しかったりというお客さんに、コンビニで215円払うだけで飯田商店の「雰囲気」だけでも味わってもらおうという、そういうことじゃないかと思います。