Home  -  ひなまんが  -  ひな日記  -  豆日記  -  絵画・イラスト・立体・版画  -  プロフィール  -  リンク
2016/10/30 初七日も過ぎ。

No. 2397

先週の日曜日、祖父が天国へ旅立ちました。

ここのところはばたばたしておりました。

なんだかとても眠く、肩こりです。

今日も、2回昼寝。

最近は徐々に食べるようになっていく私。
心のおなか、空く。

ストーブつける。

ベストを尽くす。
後悔しない生き方。
これが私だと思う。

おじいちゃん、シェシエ。トイブチー。


2016/10/22 読書に逃げる

No. 2396

久しぶりに10時過ぎに起きた。
何ヶ月ぶりだろう。

今日は信ちゃんのイライラが伝染して、私も夕方、イライラ止めを二つ飲んだ。

信ちゃんは昨日から、ほとんど食事が摂れない。
少しづつ牛乳を飲むくらい。
これじゃあ摂食障害だ。
身体中ぼろぼろで、あまりにかわいそうだ。

祖母がショートステイに行ってくれればいい。
行きたくないのは我が儘だ。

私も気が狂いそうだ。
腹も痛いし、頭も痛いし、頓服飲みたい。
シャワー浴びる気にもならない。

豆さんが気を使ってくれている。
トマトを切ってくれたり、お皿を洗ってくださったりしている。
さっきは一緒にイオンに行った。

起きていたいけど、もう眠い。

ある人のお話では、今していることが後になって、自分にかえってくるそうだ。
さすが人生長く生きてらっしゃる方は言うことが違う。
目の前だけを見ていない。
死ぬ前のことまで考えていらっしゃる。

とりあえず、ベストを尽くすしか無い。

でも老人ホームは、お金、足りないなあ。

もう誰か、助けてください。


2016/10/22 なんのお役にたてませんのに

No. 2395

昨日はリハビリの日。

信ちゃんが、私がいて心強いと言った。

まいにちおむつも替えてないのに。
おかずと買い物くらいしかしてないのに。
なんの役にも立ってないのに。

これからは、もっとがんばる。

でも、信ちゃんは、二人も面倒看きれないとつぶいていた。
全くそのとおり。

これでは信ちゃんが倒れてしまう。

読んで見ぬふりはいい加減にしろ。


2016/10/14 夢でよかった。

No. 2394

ある人を殺そうとする夢で目が覚めた。

夢でよかった。
つかまるところだった。

毎日、怒ったり、いらいらしたりしている。
でもしょうがない。事実だし、現実だ。

おとといも平穏がぶちこわされて、私もきれる。

せっかく油絵かきはじめたところなのに。

誰が考えたっておかしいことを、正々堂々とやっている人たち。

そらもう、えらそうに。

どうせわたしたちはOOOOOですから。
なに言われたって構いません。

あの人の言った言葉で、どれだけ私たちは傷ついたか。
もうずっとずっと癒えない傷。
信ちゃんは入院し、
私はご飯と薬がのめなくなり、クリニックへ行き
豆さんはもうずっと寝つきが悪い。
でも屈しない。
跳ね返す。
ばかばかしい。
おとといでも来やがれなんて思わない。

おかしいのはあの人たちなので、もし来たら
鍵かけて出ないほうがいいでしょう、と先生はおっしゃった。

その通り。
夢が現実にならないよう。

私ってこわいなあ。

この気持ちをぶつけたい。

この気持ちをかくしたままで日記は書けなかった。

忘れない。

髪もベリーショート!


2016/10/09 介護って、長女だけがするものなの?

No. 2393

もう坊主にしたいくらい、髪をあらうのが億劫だ。
ショートボブだけど、ベリーショートにしたい。
もちろん、リンスインシャンプー。

先週は祖父母の病院つきそいや、結果を聞きに行ったり、風呂でおわる。
何か手伝おうとすると、信ちゃんは、「そんな気を使わなくていいから!!」と言う。
なんでも自分で完璧にこなしたい人柄なのだ。
一人でしょいこまなくていいのに。

私は最近、液剤をよくのむ。
そうしないと動けない。
落ち着かなくて不安なので安定剤ものむ。

相変わらず、宇多田さんを飽きもせず聴いている。

いまいち心が絵に向かない。
そのうち降りてくるだろうと思う。

10時間くらい眠りたい。
チキンラーメン食べたい。
豆大福食べたい。

下剤のんで、おならが止まらない。(下品)

今日からプチおさんぽ。
明日から豆さんもさそってみよう。

今年は友人の絵本かいたり、兄弟にタオル送ったりしたけど
どっちも無反応だ。
届いたことすら分からない。

今日はブランコに乗った。

おさんぽしてたら、フィリフィヨンカさんが振り向いた。
虫の音と半月で歩く。

絵をかかなくても、私が私でしっかりと生きていけますように。
もう自分でつまらないのは描かない。
でもこれからも試行錯誤。

12時前に寝る。


2016/10/07 ごはん

No. 2392

夕方、ご飯のスイッチをいれて、あまりの眠さに爆睡。
起きたら、豆さんがごはんの支度をせっせとやってくれていた。
自分以外の方の作ったごはんは、なんておいしいのだろう。
ちなみに洗い物もやってくださった。
ありがたや。。

一週間ぐらい、毎日、肥えていく。
なぜに?
単純に、食べたくて仕方がない。
気をつけよう。

今日も体操。

今日もいろいろ、おわりました。


2016/10/02 さっきから鳥がないている

No. 2391

夜に鳥。
2羽くらい。
あまりに近くうるさいので気になる、と思ったら、聞こえない。

地震でもくるのか?と思ってしまう。

懐中電灯を側に置こうか。

もう、眠い。
今日も絵、かかないかも。

今日はいちにち、祖母とニャンズの様子見でおわった。
どこも行かないままおわってしもうた。
豆さんがたくさん、おつかいに行ってくれた。
ささいなことでお互い短気になり、険悪になる。でももう仲直り。

今日も家事をよくさぼった。
だって、忙しい。

自分が、揺るがないように。
また頭がおかしくなって、いろんな人に迷惑かけて入院なんてしませんように。
もう、妄想や幻聴はつらいです。

自分を見失わないように。
いつも死があることを忘れないように。
自分が何をしたいのか。
自分はどうありたいのか。
問い続けられますように。

私は豆さんと信ちゃんと朔ちゃんの後に死にますように。
だから、まだ生きていたい。
クーピーで、小さいスケッチブックにらくがきをしていたい。

今日は庭しか出てないけど、まあいいや。

今日の教訓は、「介護されるほうもストレスだ。」ということ。
シャワーをあびながら考えた。
車椅子で、祖母と公園に行けたらなあと思う。
歩いては、多分、むずかしい。
でもリハビリで、もっと歩けるようになってほしい。

あーー、日付、変わっちゃったあ。
ねむい。

音楽を聴こう。
それから眠ろう。


2016/10/01 河の音をきく

No. 2390

奥湯河原から駅まで歩く。

千歳川沿いを歩き、河音をじっとききいる。

ふとわれに帰り、また歩き出す。

もうずっと宇多田さんの新譜を聴いている。

むかし使ってたカメラにフイルムをつめる。
油絵のようなわくわく。
明日は晴れてほしい。

今日、撮ったのは納得いかなかった。
人物も撮ったのに申し訳ない。

伊東のおみやげ、ホールインと、温泉まんじゅうを頂く。

豆さんと、人生最高の日について話す。
なぜか話が豆電球になる。

朔ちゃん、爪を切ってもらう。
おおさわぎ。

あーー、絵がかきたい。
ずいぶん小汚くしとるけど。
あーー、日付変わっちゃったあ。


2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月
2004年07月
2004年06月
2004年05月
2004年04月
2004年03月
2004年02月