Home  -  ひなまんが  -  ひな日記  -  豆日記  -  絵画・イラスト・立体・版画  -  プロフィール  -  リンク
2020/04/30 いつもよりがんばらない

No. 3025

なんだかここ一週間前くらいより、スーパーが混んでいると思う。

中年より上の夫婦が多い。

私は相変わらずだ。
お願い事をしていたら、自分も同じ目にあうという。
その立場になってみないと分からないのはこの事だ。

私は、最近からっぽだ。
ただ1日一度外に出て、歩いてお買い物に行ったり、信ちゃんのところへ自転車で行ったり。
その間、いろんな風景に出会うのがうれしい。
空も広い。今日は近くの山が霞がかっていた。

自転車で帰ってきたら、50メートルくらい遠くから、ぴいよちゃんが鳴いているのが聞こえた。
よくクレームこないなとびくびくしている。
でもオカメにしつけは難しい。なだめて静かになってもらうしかない。

はやくコロナになる人が減って、治ることができますように。

いろんな人、ありがとう。


2020/04/27 耳の、、、

No. 3024

夕方あたりから、左耳の後ろが痛くなる。
でも時々くる鈍痛なので、イヴを飲んで様子をみる。

今日はほんとうにごろごろしていた。
何かするのがおっくうなんで、ほんと、心のままに夕方までごろごろ。

ぬか床も始めた。きゅうりは美味しく漬かる。
大根はしょっぱい。なんだか楽しい。

髪も切った。
コロナとは遠いところにいそうな美容師さんをねらって行った。
横は長く、後ろが短い。

西瓜を買う。ぴいよちゃんはあんまり興味ないらしい。

おととい、久々に頼まれていない絵を描いていた。
なんだか感覚つかめてない。

夕方帰ってきて、薄暗い中、ぴいよちゃんが歩いて私の足に乗っかってきたのは、
ありえないけど、ヘビかなんかかと思うくらいびっくりした。
暗くて視界もよく見えないだろうに、ぴいよ、かわいい。
きのうは挨拶したら、初めて「ぴいよちゃん、おはよう」と言った。

薄着になってきて、自分のおなかがまわしをしめてるみたいだ。
あきらかに中年だ。
しかもずんどうだ。
でも今日もいろいろ食しました。

筍も今年はよく食べている。
茹でるのも慣れた。
自己流の筍ご飯もおいしい。
フライも、とてもおいしい。
食べてるわりには、動いてない。

淡々と暮らす。
今を生きる。
みんな、ありがとう。
明日もたぶん、こんなふう。


2020/04/20 癒しオウム、ぴいよ。

No. 3023

コロナのせいではなく、私は家にいるが、
ぴいよちゃんが私たちを癒してくれる。
 ただぴいよちゃんは遊びに夢中で、ごはん食べることを忘れている。
気づいたときにやっと、むしゃむしゃプチプチを食べている。
いかも部屋中を飛び回っているし、とことことこあるくので、太っていない。
細マッチョだ。

今日は病院に出かけたが、95%くらいの人がマスクをしている。
私も鼻炎の薬と風邪薬をのんで、手作りマスクをして出かけた。

どうして毎日、甘いものが食べたいんだろう。
まさにマイルドドラッグだ。

私たちが3人そろって歌えるのは、ミッキーマウスマーチのぴーよバージョンだ。
だんだんずれてくのが、ぴいよちゃんらしい。
ぴいよちゃんは頭を前後に振りながら歌う。

うちはコンビニが割と近くにあるのがいけない。


2020/04/12 あたらしい週。

No. 3022

先週は早かった。
炒飯について、怒ったこともあった。
でもそれは、私の価値観の押しつけにもなるので、
やっぱりみんな自由に食べたいものを食べたいし、もっと早く聞くべきだった。

最近、読んだ本もよい。
悟りなんてひらけなくともよい。
その道を極められなくとも良い。
ただまいにち、生きているだけで「すごい」と書かれていた。

おかげで私は、絵を描かなくてはという「縛り」から抜け出し
名刺の肩書も、もしかして画家じゃなくて、ただの「人」かも。

でも少しづつ描いてくんだろうな。
今は充電中。

夜はマスクを作っている。ガーゼで。
顔の形に合わせてない、プリーツもない、昔からあったような四角いマスク。

そのマスクがなかなか素早く出来なくて、また夜中になってしまう。

私はこのごろ、自分の心の狭さを実感する。
でもイライラするのは止められない。
そうか、プレ更年期か。長いなあ。
自分さえよくても、ひとさまに迷惑かけてるからね。

ぴいよちゃんが寂しくなってひとりで泣いていた。
「ぴいよちゃん、いちばん可愛いよ!」と叫んでいた。

今年はカップ麺でお花見できなかったのがかなしい。
桜さん、また来年逢いましょうね。


2020/04/06 あしたは火曜。

No. 3021

夕方、近くの公園を歩いていたら
親たち5、6人と子供達も5、6人いて、ほとんどの人がマスクをしていて
なんだか不思議な光景だったけど、そういう私もマスクをしていて
大変な人たちもいるのに、ここはのどかで、私は呑気やなあと思う。

でも思うのは、みなさま、なるべく感染しないでください!
感染しても治ってください!
と、湯河原からそう思います。

最近笑えるのは、豆さんが手にぴいよちゃんを乗せて、カゴの入り口を開けていれようとすると
スイーーっと抵抗もせず、カゴに入ること。
今までは高いところに逃げて、布でくるむようにつかまえて、
カゴに入れるまで大変だったのに。

絵、描いてない。なんでだろう。
そういえば、私は祖母のお葬式に出られなかったと思い出す。
たった一人のにんげんのせいで。

天中殺がきて、私の絵は、真っ黒になった。
誰も喜ばない、近寄りたくないものになった。
たった一人のにんげんのせいで。

これから私がすべきことは、そのにんげんから母を守ること。
私はもう、負のパワーだけだ。
それを癒してくれるのは、家族と美しい自然の風景。

山が若草いろいろでなんともいえず、心にとどめたくなる。
でもそこに油絵具などないし、カメラなんてもってがい。
じーーっと見つめるだけだ。

今日もほとんど家にいた。
スーパーも安売りなので昨日までは買い物リストまでつくっていたけど、
ほとんど寝過ごしてしまった。
でも深く眠ったら、きりっとなって、
ものすごくひさしぶりに玄関のそうじが出来た。
おトイレの扉のそうじも出来た。
やっぱり早起きは時々でよい。
たっぷり私は眠ろう。

できればもっとずっと眠りたい。
ずっとずっと家にいたい。
私の中の「縛り」を無くしたい。
私の心しだい。心しだい。

明日は少し、本を読みたい。


2020/04/05 あした月曜。

No. 3020

湯河原もお店が閉店中。
お菓子屋さんに行きたかったのに閉店。

親戚からゴールデンオレンジを頂いた。
とても小さいミカンだけど、手でむけるし、タネもないし、美味しい。
まだ大量にある。
頂いた日に一気に7個食べておなかをこわした。

ずっとショートカットだったけど、美容院が遠いので行かなかったら、
ちびまる子ちゃんになった。
でも白髪まじりを伸ばすのはいやなので、清潔感ある感じでいきたい。
でも髪が多くて、もっさりしている。
でも帽子かぶるから髪型関係ないけど。

今日もスーパーに行ったけど、みんなマスクしてるくらいだった。
平和だ。

今月はいろいろ病院に行かないといけないし、電車で行くかもなので、気をつけよう。
ほんとは小田原の小さい変わったラー麺屋さんに入ってみたいけど。


2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月
2004年07月
2004年06月
2004年05月
2004年04月
2004年03月
2004年02月