Home  -  ひなまんが  -  ひな日記  -  豆日記  -  絵画・イラスト・立体・版画  -  プロフィール
2023/10/24 悲しいお知らせ

No. 3322

 今日、バクチクの櫻井敦司さんが脳幹出血でお亡くなりになられたことを
知り合いの方からメールをいただき、知りました。

買い物に行く途中で知り、悲しくてさっさと買い物を済ませ、
うつむいてレジで支払いをし、歩いて帰りました。
 帰り道、涙があふれてきました。
持っていた手拭いで涙をふき、日傘で顔を隠し帰りました。

帰って、大泣きしました。
私はずっと今井さんのファンだったのに、歳をとるにつれ、
櫻井さんの詩が心にしみわたり、詩人として歩き始めた私の心に深く影響を与えてくださいました。
歌い手としても年々繊細になっていくように思え、感心していました。

私は13歳のころからバクチクの「狂った太陽」を聴き始め、
「殺シノ調べ」でとてもファンになりました。
10代、20代のころはライブにも足を運び、感動していました。

最新アルバムの「異空」もこのごろはほぼ毎日聴いています。
すごく櫻井さんが力を出しているアルバムだと思います。
さっきも聴きました。
最後の「名も無きわたし」でまた泣いてしまいました。
とても心に打たれたのです。

最後、櫻井さんは愛する人や猫ちゃんに会えたでしょうか。
どうか会えたことをお祈りします。

これからも私はバクチクを聴いて生きます。
バクチクが活動をしなくなっても、聴きます。
手元にはたくさんのアルバムがあります。
ぴいよちゃんも大好きなバクチクです。
ぴいよちゃんは櫻井さんの声が大好きなんです。
「異空」もすんなりと聴いています。
さっきカゴに入って、ぴいよちゃんの布をかけてお休みする時も、
「COSMOS」のサビを歌ったら、すんなり納得してくれました。


ぴいよちゃんのブリーダーさんは、バクチクのファンなんです。
だから、ぴいよちゃんは、バクチクが子守唄なんです。
趣味が合いますね。

信じられないけど、受けいれなくてはなりません。
櫻井さんはもう、旅立ちました。
青空、星空をぬけ、宇宙へと旅立ちました。
それはどういうことなのか、生きている私には分かりません。

ここ5日間は、2回も夢に今井さんが現れました。
こんなこと、ずっとありませんでした。

私はこの歳になって、左利きなのでレフティのアコースティックギターの小さいのを買いました。
そおっと弾いてみました。
バクチクの「スピード」のイントロを弾いて喜んでいました。

今日の午後はカリンバで好きなフレーズを作って、そっと弾きました。

ぴいよちゃんが寝るまで、バクチクのアルバムを色々聴きました。
明日もそうするつもりです。

もうライブに行けなくても、バクチクの音楽は私の心の音楽です。
聴かなくても、頭の中で鳴っています。

いっぱい休んで、ストレスから解放されて、お酒も適当に呑んで、
猫ちゃんたちと過ごさせていらっしゃいますように。
それはとても美しい世界でありますように。
愛のあふれる世界でありますように。

ほんとうにどうもありがとうございました。
バクチクは私の永遠です。
さようなら、櫻井さん。
もうこれ以上書くのはつらいので、この辺で終わります。



2023/10/20 誰とは言わないが。

No. 3321

ある家では、玄関に防犯カメラを2台取り付け、
隣の家まで鮮明に撮影している。
これは、プライバシーの侵害ではないのか。


2023/10/01 追記

No. 3320

先月、私の心の友が防犯ブザーを贈ってくれた。

なんて嬉しかったことだろう。
今もテーブルの上に置いてある。

もし何かあったら、これを鳴らそう。

こんな嬉しいもの、もらったことない。


2023/10/01 もう、10月なのね。。

No. 3319

 深夜です。目がかすんできた。

最近はずっと、noteに投稿していたので、
「ピーナ」改め、「青」という名前で、
音楽やオカメインコについて書いています。

私は背骨が湾曲していて、左が下がっていて、
背骨の下の周りの筋肉がこっているそうなので、
絵を描く時間を減らし、詩やネットもはじめ、
軽いストレッチもやりはじめる。

そうすると、ふらついていた上半身も少し治って
電車の揺れみたいなのも良くなってきた。

ネット通販もするようになった!
CDや、無印良品など。
出かけなくてよい。素晴らしい。

これは私の体験による思い込みだけど
外国人の方がこわい。
全員がこわいわけではない。
とっても優しくて素敵な方もいる。

でも昨日の午後、うちの前で携帯電話で何語かを延々と話している外国人がいたとき、
多分インドとかパキスタンとか暑い国の方だろうけど、
そのとき私はスパイスいっぱいのカレースープを作っていて、
はっきり言って、こわかった。
 
このこわさというのは、多分、女性の一人暮らしの方なら分かってもらえるかもしれない。
そして、統合失調症の陽性症状の方なら分かるかもしれない。
最近の事件を他人事と思えない方なら、分かってもらえるかもしれない。

なんで怖かったのかというと、先月、近所の歩道を自転車でふらふら走っていた時、
夜で、インドかの暑い国のほうの外国人とすれ違って、
気持ち悪いことに、すれ違うまで、その男は私の顔をちかくまでじーーーっと見ていた。
夜だし、私はメガネをかけていなかったからよくみえなかったけど、
すごくきもかったのだ。
こういうことって、男性には分かりづらいだろう。

でも私は洗濯物も布団もほとんど外に干さない。
洗濯物は部屋干し。布団は乾燥機と、干すやつに掛けておく。
ベランダにもでないし、外廊下にも干さない。
窓も換気終わったら、鍵かける。
薄いカーテンはいつも閉めておく。
アパート2階暮らしはこんなものだ。

なんで私がインド人を嫌うかというと、
昔、しーーーっつこいナンパに遭ったからだ。
かなりしつこくて、帰ろうとしても無理で、手まで触ろうとして、触られて、
一緒に追いてこられて、横浜で、他の人にまでジロジロみられた。
電話番号も聞き出そうとする。あげくのはてに手までにぎられた。
横浜、人混みの真ん中で。
誰かに助けを求めればよかった。
しつこく話も聞かされた。
私にも隙があった。
「お前は隙がある」と父に叱られたことがある。

私は今、統合失調症の陽性症状がでている。
家に居れば、強盗暴行殺人に遭うと思い込み、
外に出れば、ストーカーに追われ郵便物を盗まれると思い込む。
過去に、ひどいストーカーに遭い、私は今、この持病を持つ。
私の心の闇のひとつだ。
おかげで川崎警察署に保護させられたことだってある。
そこでは、数人の男の警察官によるセクハラ、パワハラに遭い、持病はさらに悪化する。

だから今の私は、お散歩ができない。
お買い物は夕方過ぎに、近くにそっと行くのがやっとだ。

冷蔵庫もスカスカだ。
今日は買い物に行かねばならない。
こわくてこわくて仕方ない。

深夜1時55分。


2024年02月
2024年01月
2023年12月
2023年11月
2023年10月
2023年09月
2023年08月
2023年07月
2023年06月
2023年05月
2023年04月
2023年03月
2023年02月
2023年01月
2022年12月
2022年11月
2022年10月
2022年09月
2022年08月
2022年05月
2022年04月
2022年03月
2022年02月
2022年01月
2021年12月
2021年11月
2021年10月
2021年09月
2021年08月
2021年07月
2021年06月
2021年05月
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月
2004年07月
2004年06月
2004年05月
2004年04月
2004年03月
2004年02月