Home  -  ひなまんが  -  ひな日記  -  豆日記  -  絵画・イラスト・立体・版画  -  プロフィール  -  リンク
2005/03/28 つれづれ、、

No. 314

週のあたまは雨降るなあ。
止むかとおもいきや、つよく降りだしてきた。

少しづつ絵を描いている。
でもまだ途中。みれたもんじゃない。
意味なんていらないのかな。
迷いの絵はいいきれる強さを欲しい。描くしかない。

今年の町の美術展は何をだそうか。
去年は描きたてほやほやをみてもらいたくて出したら、
一応、かけてもらえた。
雑念がはいる。いかんいかん。
まず、私が私の絵に納得しないといけない。

とりあえず明日は食料、買いこみたい。


2005/03/26 東京へ

No. 313

目覚まし、早起き、夢うつつ。
じてんしゃ、でんしゃ、梅昆布。
上野、人ごった煮、びじつかん。

もっと絵と向き合いたい。
ときに楽しく、寝食を忘れ。
明日からまた描こう。
そう思える友人の絵をみた。
たくさんの絵が展示してある中で、かがやいていた。


2005/03/25 光

No. 312

朝6時。朝日、刺しこむ。
黄色、うつくしい。

そして、今。夕日、海辺のマンションを照らす。
それもまたうつくし。



あるいてスーパーへ。
公園、サッカーの男女。

うど、を買う。どう調理しようか。
おいしそうなトマト。迷わず買う。

2階の洋品店でブラウスを買ってまう。
豆は全然服買わないのに、ひなばかり衝動買い。
でも着てるのはいつも同じ服。阿呆な私。

今日は幸宏さんの「名もなき恋愛」を二度聴いた。
名曲。でもすごくかなしい感じ。それはなぜ。

朝日を浴びて、ごみを捨てに行った。
ねこもひともいない。しづかなとうり。
寒い、と思いつつまた布団の中へ。

こんな日がいい。
とくべつ、でない。
なんとなく、なんとない日。


2005/03/24 せんたく2回転

No. 311

はやく起きた。
昨夜は油絵3枚のつづきをどうしようか、
アクリルでクロッキーし直そうか、
もう未完成でおわらせようか、など考えてたら真夜中になってしまい
ハルをのんでしゅぱっと眠る。

私は、絵描きではないと思う。
そうありたいとも、もう思わない。
主婦っていうのも何かやだし、自由人、だろうか。
ぜえんぶ、豆のおかげです。

今日の駅前のスーパーはすさまじかった。
98円の卵を買い求める人々。
まず、通路全体にレジを待つ人々。
これでは買い物どころではないと、牛乳と野菜ジュースと野菜を少しカゴにいれ、衣料品売り場でお会計し帰る。
ちなみに卵は買わない。

今日はほとんど朔ちゃんがおうちにいて、なんだかうれしい。
と言ってもこたつで寝てるだけ。


2005/03/23 今日も雨なんだ。。

No. 310

ぐっすり眠った。
午後、いやいやお買い物へ。
ぐんにゃりアロエがはみだす民家あり。
よしもとばななさんの短編にアロエがでてくるのがあって
それを読んで以来、アロエは好きだ。
歩く、沈丁花の香り。
山は霧の中。
公園は誰もいない。

二日分くらいの食料を買い込み帰る。
今日はゆどうふ。
体がなまっている。


2005/03/22 もう火曜なんだ。。

No. 309

雨。
洗濯しかしてない。いつも家の中のベランダに干す。
さいきんはほんとに何もしたくない。
ゆいいつネットしている。
なんてなまけものなんだろうと思う。

ずっと家にいて、三食昼寝つきで、なんてご身分だと思われるかもしれない。
でもほんとうだ。
なまけものと言う病気なんだ。
みんなから見放されているんだ。
でも仕方ない。

しょうがない、とよく言われる。
育て方を間違ったとも言われた。
もういいんだ。
気にしないふりして、夢にでてくるんだ。

でも豆朔がいて、おうちにいられることには感謝。
わるいほうに考えるのはこのへんにしよう。


2005/03/21 きょうは日曜日みたい。

No. 308

もう少し、、と思いつつ布団の中にいた。
午前のおわりに起きる。
焼きうどんを作るよ、と言う豆に反対してお茶漬けになる。
りんごとネーブルも食べる。
まだ眠い。起きたときから何にもしたくない。
豆とヒナドリの飛ぶ様子をぱたぱたとやって、笑う。
少し元気がでたのでパン屋さんへ行く。
くるみのパン、ウインナーロールを買う。
メロンパンが売れていた。
ほんとうはお散歩に行きたかったけど、朔ちゃんがいやーんと鳴いているので、パンだけ買って帰る。
帰ってコーヒーを淹れて飲む。
豆がお買い物に行っている間、キムチの素で白菜をあえ、ほうれん草と菜の花をゆで、泥つき人参でピクルスを漬ける。
豆は昨日から窓・網戸そうじをやってくれる。
あまりにきれいな窓はまるで開け放っているよう。
油絵描こうと思って事務所に行くけど、やっぱり気がのらない。
今に至る。
すこし動きたい。


2005/03/20 朔ちゃーーん。

No. 307

午後、朔ちゃんがいない。
ねこ入り口は開いている。
豆と朔ちゃんを探す。
普段お昼寝しているところや近所を探す。
いったんうちへ帰り、家を探す。気配がない。
カップ麺にお湯を注ぎ待つ間、豆は自転車で近所を探す。
帰ってきて、ふたりでぽつんと食べる。
どうして居ないんだろう。おなか空いてるんじゃ。。。
(少しこもった声で)「うめーん」
「朔ちゃん!どこ?」窓を開ける。
豆、押入れを開ける。
「どこ行ってたのお?心配したよお」
ずっと押入れに居て眠ってたらしい。
豆と朔ちゃんの背中をぐしぐしなでた。
ほんの一時間ぐらいの出来事だったけど、改めて朔ちゃんの大切さがわかった。
今はひざの上でぶー、ぶーといびきをかいて寝ている。
朔ちゃん、長生きしようね。


2005/03/17 おうちにいよう

No. 306

絶好調に家にいる。
お昼にパン屋さんにいっただけ。
軽くおそうじ。ほんとに適当。

お買い物行きたくないと。
豆と夕食について話す。
簡単なパスタにすることになる。

雨がつよくなってきた。
もう夕方。
さっき母屋の縁側にのらくろ黒子ちゃんとなっちゃんが寄り添っていて、
「なっちゃん、おうち入る?」と聞いたら
「ん、いい。」と言った。
のら猫の黒子ちゃんはおうちに入れないので
一緒にお外にいるなっちゃん。いい子だ。

たらこ たらこ たらこのスパスパ。


2005/03/16 ゆったり ゆっくり

No. 305

今日も私としては早起き。
午前中に用事をすませ
午後はゆったり ゆっくりとする。
麦芽コーヒー、こんぶ茶を飲む。
やるべきことはある。
そうじ、洗い物。
でもネットしてたりする。

今日もスギ花粉。
目がかゆい。
私が鼻をぐしぐししてると、朔ちゃんは小さく「いやん」と言う。

薄桃色のぺろんとしたジャケットを買ってしまった。
安かったので。
これでお買い物にゆこうと思う。
ねこはいいなあ。毛皮いちまいで。
でも模様、変えられないしな。
なんてことを豆とよく話す。

昨夜、幸せについて考えていたらなかなか眠れなかった。
幸せに感謝し、まわりのみんなも幸せでいてほしい。
そんな事を考えていたら雨が降り出した。
そしてハルを飲んでいつのまにか眠った。

大きい家なんて住みたくない。
豆朔がいるだけでいい。


2005/03/15 お買い物にゆかないと言っておきながら。

No. 304

ヤオヤオまで歩いた。
めずらしく歩いた。

なっちゃんにレトルトを買って、葉書を投函し、とてとて帰る。

空き地に黒子ちゃん。
のっそり私の方へ来て、私の横を素通りし、通り過ぎて行った。
わざわざ横切るところがねこねこしている。

沈丁花の香りとおもい、駄菓子屋さんに猫あり。
近寄る。大きい。6キロはありそう。
顔も大きい。多分、男の子だろう。
手をそっとだすと、ふんふんふんとかいでいる。
そして、あっちへ行ってしまう。「興味ないわ。」
うーん、ねこねこしている。

歩きだから雲もゆっくり眺める。
青っぽい雲も赤みを帯び、黄色も入っている。
夕日、ひかり。

帰ると、朔ちゃんがこたつから出ていた。
やっぱり朔ちゃんがいちばん。
くしゃみを連発していたら、朔ちゃんがいちいちお返事してくれた。
歩くっていいな。


次ページ

2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月
2004年07月
2004年06月
2004年05月
2004年04月
2004年03月
2004年02月