Home  -  ひなまんが  -  ひな日記  -  豆日記  -  絵画・イラスト・立体・版画  -  プロフィール  -  リンク
2017/07/30 家でじーーっとしていた

No. 2563

豆さん、イオン感謝デーにお買い物、どうもありがとう。

ひさびさにポテトチップス、食べたね。

今日は、安定剤をなるべく飲まないようにしていたから
すごくしんどかった。
ごはんも食べられないくらい頑固に。

朔ちゃんもつらかったと思うと、何気なく食べることに罪悪感を感じる。
そういう時は、ごはんがまずい。

目がしぱしぱしてきた。眠い。

今日は何もできなかった。

ただ、眉間にしわを寄せて、思いをめぐらせていた。

明日はお外にでようと思う。

豆朔ちゃん、今日もありがとう。
いつも支えてくれて、感謝。


2017/07/30 また徹夜だよ

No. 2562

おそくまで豆さんとおしゃべりし
すんごい久々にシャワーを浴び
ネットしてたら
新聞配達のバイクの音がしたよ。

夜明けのお散歩もよいな。
でも、もう半分眠い。

朔ちゃんと心の中でお話する。
「いつまでもめそめそしてんじゃにゃーよ!
あたしを理由に家事をさぼらないでよね。」
と言われる。
おっしゃる通りでございます。

つい最近も徹夜だった。
居間の自分スペースを片付けて、
朔ちゃんの壊れたバスケットいっぱいにゴミを処分。
バザーにも、ダンボールいっぱい出す。(使えるもの)

でも朔ロスか分からないけど、ここ数日、ほんとうに無気力だった。
気づくと、下を向いて、しかめっつらをして、あーーしんどいと思っていた。
私たちは、これからを生きていかねば、と豆日記に書いてあったとおりである。
でも改めて、自分の中で朔ちゃんの存在は大きかったのだと思う。

昨日は、のぼたんから、要らないメモ帳をもらったので
おもいきり勝手に鉛筆で落書き。
途中でこんなんじゃあだめだ、と気づく。
いちまいいちまい、もっと自分で気にいるようなものを描かないと。
そうして漫画っぽい女の人のイラストを描く。
気に入ったので、そのうち色を塗ろうと思う。

もう少しで今月もおわり。
まさに朔ちゃんの月だった。
これからも、まいにち、なるべくていねいに生きたい。


2017/07/25 午後10時のひとりフォー。

No. 2561

午前はお出かけ、午後は祖母の様子見とそうじ。
疲れた。

祖母はもう、みいちゃんが分からない。
祖母の前には姿を現さないので、いるいないが分からないらしい。
「こないだ死んだよね」と言うので、
それは朔ちゃんだ、と私は言う。
5分後に、「お母さん、どこ行ったっけ」と言う。
でも食欲はたっぷりある。

色鉛筆をもつ気力なし。
情熱のようなもの、今のとこ、失っている。

まいにち冷たい水が飲めるのが喜ばしい。

トマトライスを作った。
ミニトマトがなかったので、普通のトマトを使ったのが失敗だった。
雑炊のようになってしまった。
今度はミニトマトで!

倒れるまで起きているけど、昨日は眠剤を半粒のんだらすぐに寝てしまった。
朝も早く起きられた。

キーボードを打ちながら、半分、眠っている。


2017/07/23 なぜだ

No. 2560

一日中、重苦しく、動けず、しんどい日。
なぜだ。

豆さんが氷水をつくってくれた。
それに、とんぷく一本入れて飲む。

私「朔ちゃんが亡くなってから、顔あらう気力もなくてにきびだらけだよ。」
朔「それは朔ロスだね。
  あんま気にすんな!」
私「わかった!気にしない。」

今日もシャワーを浴びてない。その気力なし。
いいんだ。

近所の自販機で、トマトジュースを発見。
お金を持っていなかったので、今度買ってみよう。

先のことや、もっと先を考えると、暗くなる。
ただでさえ暗い性格をしているのに。
だから、朔ちゃんのことを考える。
でも泣きそうになったらやめる。
仕方ないよね。

豆さんが、くまてぃーのおなかをまさまさしていた。
私が以前、おなかをさわろうとしたら、足蹴りされたのに。

そして二階に行ったら、みいやに「シャーー」と言われた。
なっちゃんは机の下に隠れた。
みいやはソファーの後ろに逃げた。
なんで?

体が冷水で出来ているので、代謝もわるいし、顔もまるっこいし、重たい。
朔ちゃんに、氷水をお供えする。
氷がとけたら、私が頂く。

せめて、自分をきらいにならないように。
体重がふえても、落ち込まないように。って、無理か。
運動しない自分がわるい。

まいにちまいにち、もういやになってくる。
自分次第なのはわかってても、方向転換はむずかしい。
でも今日もよい日。
あと1時間で明日になる。
つながってゆく。
やっぱり絵が描きたい。
もう少し、起きていよう。


2017/07/22 15年前の詩

No. 2559

少しだけ未来が見える
思い描くこと
そして すすむ
鈴の音がして 窓をあけると
朔ちゃんがいた
一瞬びっくりしてこちらを見て
その後 何事もなかったように歩いていった
朔ちゃんのおさんぽはつづく


あなたが私をおもうこと
それは幸せ
あなたが幸せであること
それは私の祈り
今日はもう おやすみなさい

ここから今日の日記
のどが火傷か何かで炎症をおこしているので、薬を飲んで、
今日はもう寝てしまおう。


2017/07/20 みけとらず

No. 2558

今日は、くまてぃーに出会わなかった。

みけとらずといっぱい遊ぶ。

みいちゃんは庭の茂みから出てくる。

なっちょは、西日のさす34度の二階にいた。
じゅうたんの上にいたので気づかなかったら、なっちゃんがにゃあ、と言った。
顔をよく観察すると、ずっと前に飼っていたオレンジや、朔ちゃんに少し似ている。
もう15歳。
でも花火と雷がこわい。
いっぱいポン子する。
おれいに、手ぺろサービスをもらう。

自分のだめ度は増してるけど、どこかで、そんな自分を認めつつある。

どうしたら、私の周りの人のうつがよくなるのかと思う。
状況は変わらない。
親戚すら知らない。
私が動くしかないか。

今日も自分の頭の大きさと目の落ちくぼみ具合に鏡で驚く。
病んでる!!


2017/07/19 おかいもの

No. 2557

歩きがてら、お買い物。
海辺まで。
そうめんやら、トイレットペーパーやら、いろいろ買う。
無言で帰る。

おもやにゃんずは慣れたのか、私が顔をくっつけてもあんまりいやがらない。

信ちゃんが、「一匹、連れていってもいいよ。」と言うので
「くまがいい」と私は冗談で言う。
ほんとにいいなら一匹欲しい。にゃんずなら。
でも、朔ちゃんに怒られてしまう。
なっちゃんでもいいな。

後悔しないで生きていても、後悔することはある。
朔ちゃん、あのときこうしていれば。
おもいは尽きない。

にゃんずを連れてくることはなくても、
お庭で会ったら、名前を呼んで、思いっきりポン子しよう。
そして楽しいを満喫してもらおう。
生きてて、よかったと。

体重が安定している。
いっぱい間食したのに。
もう少し減らしたい。

もうねむいよ。


2017/07/18 豆さんと過ごす時間

No. 2556

朔ちゃんがいる時は、ずっと3人でまわっていた。
今は豆さんとふたりきり。

ふたりは、食べ物をうけつけなくなると生き物は死んでしまうことを
身にしみて思う。
ふたりでいる時間を大切にしよう。
それは朔ちゃんが教えてくれた。

私たちには子供がいない。
朔ちゃんは子供だった。
フレンドだった。
ファミリーだった。
よく、ホイップファミリーと言い合っていた。

そういえば、今日は音楽を聴いてなかった。
ひるねばかりしていたからだ。
ろくに料理もしていない。

作りたい料理があって、食材もあって、こういう手順で作って、と頭でわかっていても
どうにも体が動かない。
がんばれない。
なんでだろう。

夢をみないで、ずっと眠っていたい。
家事もしないで、こころゆくまで眠っていたい。
あと1時間でもいい。

私は卑怯で性格の悪い人間だ。
ペットロスを理由に、祖母の介護をする母にろくな協力もせずにいる。
本当にごめんなさいだ。

足の甲をサンダル焼けする。
今日気がついてびっくりした。
サンダル履いて、みいちゃんとお外で遊んでたからだ。
ショック。

今日は二日ぶりにくまてぃーに会う。
男の子だから、すごい重くてマッチョくま。
真っ黒で顔がよくわからない。
性格もあんまりよくないけど、あいされたい子ちゃん。

今日も活発じゃないけど、自分なりのことはした。かな?。


2017/07/17 済んだ話を蒸し返すな

No. 2555

相手の気持ちも考えずに、思ったことをいうのはさぞかし気持ちよいことでしょうよ。

私のことを話題にするなら、文句は私に直接言ってちょうだい。

あなたは忘れてるでしょうけど、昔から嫌味ばかり言ってるのよ、あなたは私に。


本当は朔ちゃんのことをおもいたいのに、邪魔しないでちょうだい。


今日は、私も豆さんも花火を見る気がしないで、眉間にしわを寄せていた。

ぬけがらになっている私たち。
この夏はきびしい。

腹を立てないのは、幼い私には難しい。
頭から消去するようにしている。
平常心。

朔ちゃんが亡くなって、私たちを気にかけてくれた、お母さんおふたり、お友達、
本当にありがとうございます。
病院の先生にも、ずーっと朔をあたたかくみてくださって、心から感謝いたします。

もう、朔ちゃんが自分で決めたことのように思える時がある。
私たちのことを察していたかのよう。

思い出すと、やせ細って、よたりながら起き上がって寝返りをうつところが浮かぶ。
元気だったころのほうが長いのに。


みいちゃん、今日も元気。
ノルウェイの森でいうと、みどりちゃんみたい。
いつも私をかわいがって、と態度でしめす。
今日はくまちゃん、じゃましに来なかったね。

朔ちゃんはどこ?と思うけど
私の心の中にいる。
見守っててくれる。
いっぱい、ありがとう。

豆さん、無理してがんばらなくていいからね。
私はいるよ。

体力も落ちた。
歩くのがスローモー。
ストレッチすらやらなくなったからなあ。

歯を磨きながら眠ったり、電気つけっぱなしで爆睡。
まるでダメだ、私。こんなんじゃあかんのや。
気をつけよう。

腹を立てても、呆けてても
朔ちゃんをおもうと、心が素直になる。


2017/07/16 あつい

No. 2554

今日くらいの暑さになると、何もしなくても汗でる。

手ぬぐいでふきふきする。

朔ちゃんはあんまり暑いと、おてあらいのタイルでどでんする。
でも私が来ると、くさくて逃げてゆく。
毛皮は本当に暑そうだった。

豆さんが、よく食べよく眠る人になった。
しんどいと言うので、どうしてか問うと、朔ロスだと言う。

今日もまた、イライラした。
鎮静剤をひとつ、安定剤を4つ、とんぷくを一本飲んだ。
誰のせいで薬代かかってるんだろうね。

おかげで朔ちゃんと心の中で穏やかに語り合うこともできず
私は、おっかない顔をしていた。

言いたいことも色々あるけど
信ちゃんから、貝になるように言われているので
家でじっとしていた。

とんでもない。


2017/07/15 朔ロス

No. 2551

朔ちゃん、ずっと飲み食いできなかったの、よっぽどつらかったんだね。

朔ちゃんが亡くなってから、ごはん食べるの減らしてみたけど
やっぱり私はおなかが空くよ。

よっぽど具合がわるかったんだね。
お水も飲めなかったんだものね。
しんどかったね。

朔ちゃんが亡くなってから、冷たいお水ばかり飲んでいるよ。
少しくらい、体にわるくてもいいよね。
おいしいものね。

朔ちゃんのことをおもいながら、抽象画を描いているよ。
いろんな絵が出来上がるよ。
一枚として、同じものはないよ。
いろんな朔色だよ。

豆さんもピーナも、朔ちゃんがいなくてさみしいよ。
つらいからこの辺でおわりにするね。
ありがとう、朔ちゃん。


次ページ

2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月
2004年07月
2004年06月
2004年05月
2004年04月
2004年03月
2004年02月